2005年11月25日

産休時に給料を払って翌月全額欠勤控除っていいの?

今日の記事は、前回の記事の「こうゆうものなのでしょうか?の悲惨」の続きになるんですが…。

先日、また同じ女性から「また前月欠勤控除を引かれた!」という質問を頂きました。
前回の時に、「おかしいから、ちゃんと会社の方に聞いてくださいね」と言ったのですが…。

会社の担当者から、「言ってもわかんないでしょうから」と言われたそうです…。
おい!説明もしてもらえんと、わけのわかんないお金をふりこめるわけがないやろ!
と、思うのですが…。

今回の質問を見て、「こう処理してるのかな?」というのが、なんとなくですがわかったような気がしました。

今回引かれていた「前月欠勤控除の金額」が、前回おっしゃっていた「給与金額(技能給)」と同じだったんです!

たぶん…、
『産休中はお給料を払うけど、翌月、欠勤控除で全額回収します』
って処理なんだと思いました。

会社の規定では、「無給」となっているそうです。

いやまぁ、こう考えると、今月・翌月の2ヶ月単位で見たら、プラスマイナスゼロで、確かに無給は無給なんですが…。

でも、お給料をもらうということは、「通常の無給の処理」ならかからない所得税と雇用保険料がかかってしまうわけで…。

確かに、有給消化をしないと産休は欠勤ではあるには違いないんだけど、いわゆる通常の「無断欠勤とか病気での欠勤」とは違うんだし…。

私自身、会社で社会保険と給与の担当をしていた時には、こんな処理をしたことがありません。
産休・育休者は、最初から「ゼロ」で処理をしていました。
だから、産休時には社会保険料他を振り込んでもらっていたんですが…。

なんか、個人的にすごく心に引っかかる処理方法です。
まだまだ、社労士としては受験勉強中の身なので、こういった処理をすることもあるのか、これはしてはいけない処理なのかがわかりません。
(モロ社労士実務の事だし、私は自分の会社の処理しかしたことがないので…)

こういう処理の仕方をしてもいいのでしょうか?
もし、知っていらっしゃる方がこれをご覧頂いていたら、ご助言頂きたいのですが…。

どうしても納得いかず、う〜ん…と考え込んでしまいます。。。


う〜ん。。。


posted by 紫 at 02:50 | 大阪 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 過去記事
この記事へのコメント
関係ないかもしれないですけど、質問です。

たとえば、産休中に「忘年会」とか「新年会」とか「研修」とか職場関係のイベントに参加することに問題がありますか?
Posted by ちゅうろう at 2006年12月08日 14:53
ちゅうろうさん、こんにちは!

このブログにずっと入れなかったんで、レスが遅れてごめんなさい!(謝)

>産休中に「忘年会」とか「新年会」とか「研修」とか職場関係のイベントに参加することに問題がありますか?

う〜ん…。
産休中(特に産後休業)は、「働かせてはいけない」というのが規定なので、働かないイベントであれば、本人が可能であれば、いいのかな?と、個人的には思います。
法律上での規制もないですし。

ただ、こういったイベントも就労だというような就業規則だったり、全員参加が強制されているイベントだと、行かないほうがいいかもしれません。

あとは、会社の許可や雰囲気や社会通念上の常識で考えたらいいのかな?と思います。

「社会通念上の常識」で考えると、休業中にイベント参加というのはあまり好ましいことではないですが、これも会社次第かと思います。
Posted by 紫 at 2006年12月11日 06:35
早速お返事いただきありがとうございます。

そうですね。確かに、「好ましい」ものではないかもしれません。

参考になりました。
Posted by ちゅうろう at 2006年12月13日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9774426

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
QRコード
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。